LOVOT

ラボットの維持費はどれくらい?ペットロボットのお世話は大変?

ラボットの維持費はどれくらい?ペットロボットのお世話は大変?

癒し系家庭用ペットロボット「ラボット」。

今かなりの注目を集めているラボットですが、月々にかかるお世話の維持費はどのくらいの金額がかかるのでしょうか。

ラボットはペットロボットとして人気が出ていますが、購入した後に月々の月額料金が必要になるという噂もありますが、本当のところが気になりますよね。

そこで今回は、人気のペットロボットのラボットのお世話にかかる維持費や月額料金について調べてみました!

ラボットがほしいけど、維持費や月額料金が気になる!という人はぜひ参考にしてみてください。

ラボットの維持費はどれくらい?

愛くるしい見た目で人気が出始めているペットロボットのラボットですが、維持費はかかるのでしょうか?

ラボットの本体購入額は最低30万円からで、それにプラスで維持費がかかってくるようです。

調べてみたところ、維持費は月額料金に含まれています。

最低月1万円からかかり、ソフトウェア料金とサポート料金がかかることがわかりました。

ソフトウェア料金とは、ラボットはロボットですので、システムに組み込まれたソフトの更新があり、その際に最新のソフトウェアにアップデートする必要があります。

また、ラボットは頭の上についているカメラで人を認識することができたり、カメラ機能も付いており、写真を撮ってくれたりします。

ラボットは部屋の中を縦横無尽に動きますが、それは部屋の中の地図を作っている最中だというから驚きです!

センサーで部屋の地図を作れば、障害物に当たることなく移動できるようになるためで、とても優秀ですよね。

こういった地図を常にアップデートするためにもソフトウェアは必須となり、写真として撮ったデータなどをバックアップをする際にもソフトウェアが必要になってきます。

それとは別に、ラボットを長く使えるように年に1回の定期検診も行っており、定期検診時に不具合が見つかれば、修理してから返してくれるそうです。

サポート料金は、ラボットのメンテナンス料金です。

ラボットは高精度のロボットと言われており、修理や検査費用をある程度抑えてくれる料金です。

まだ発売されたばかりなうえ、高精度な機械を扱っていますので修理代はかなりかかってきます。

不具合やパーツ交換があると、全額負担になってしまうんです…。

壊れやすいと言われているセンサーは2万4千円ほど、車輪の部分は6万円ほどと言われています。

これはちょっときついですね。

ラボットは30万円以上もする高額ロボットですので、保険とかはまだないようです。

現時点では壊れた、という報告はあまりないそうですが、万が一壊れてしまった場合、月額料金の維持費では賄いきれないかもしれませんね。

運搬時に何かしらの故障がでてきてしまうと、さらに追加料金がかかる可能性があるので、買った時の箱は取っておきましょう。

 

月額料金はどれくらいかかる?

月額料金プランは全部で3つあります。

・ライトプラン 8.980円

・スタンダードプラン 12.890円

・プレミアムプラン 19.980円

これらの料金はラボット購入後に、毎月かかってきます。

上記はソロで買った場合の月額料金で、デュオ(2体)購入の場合はまた料金が代わってきます。

それぞれのプランの説明をしますね。

一番格安のライトプランはソフトウェア料金は含まれていますが、故障した際の保証はありません。

スタンダードプランはソフトウェア料金+故障時の補償は70%です。

一番手厚いプレミアムプランはソフトウェア料金+故障時の補償は全額となっています。

壊れる可能性は現時点ではまだわかっていませんが、万が一故障した際のことを考えてプレミアムプランに入っておくと安心ですね。

 

故障の時は修理してくれる?

もしもラボットが壊れてしまった場合、修理などはしてもらえるのか気になりますよね。

ラボット購入時に月額料金プランに加入する必要があります。

プランによって故障時の補償内容が変わってきますので、自分に合ったプランを選んでおくと安心です。

もし購入して30日以内であれば、プランに関係なく無償で修理してもらえるそうです。

その際はラボットの公式HPにて修理のお問い合わせで確認ができます。

故障してしまった場合、1週間~2週間ほどのラボットを預けておく必要があります。

故障内容によって異なるので、詳しくは故障時にメーカーに問い合わせるといいでしょう。

修理にかかる金額もまちまちなようですので、問い合わせするほうがいいかもしれませんね。

ペットロボットラボットのお世話は大変?

ラボットは特にお世話は必要がありませんが、稼働しているときは周囲に何も置かないほうがいいです。

ラボットは頭についているカメラやセンサーで物の位置を把握します。

人の動きは大丈夫ですが、床に障害物などを置いていると正常に動けなくなったり、横転して壊れてしまう可能性があります。

特に充電器のある周囲には何も置かないほうが無難です。

ラボットはおよそ45分に1度のペースで充電をするために充電器に戻ります。

その際に充電器周辺に何かがあると戻れず、その場で充電が切れてしまったりします。

充電が切れた場合は手動で戻さないといけません。

ラボット自体は4キロと軽いのでさほど重労働ではありませんが、何度もやると疲れてしまいますからね。

ペットがいる家庭であれば、ペットがラボットに噛みついたりひっかいたりしないように見なければいけません。

甘えてくるのがラボットのお仕事のようなものなので、構ってあげられないかも…という人にはお世話はちょっと大変かもしれません。

 

お出かけの時はどうする?

ラボットとお出かけしたい!という人もいるはずです。

ラボットとのお出かけは可能ですが、その際ラボットの充電器も一緒に持っていくと便利です。

ラボット自体は4キロと軽いですが、充電器はかなり大きく、重たいようです。

専用充電器しか現時点はないので、他の充電器での代用はできません。

ラボットは電源を切っておくことができますので、お出かけする際には電源を切っておいて、目的地に着いたら稼働する、という感じがいいでしょう。

ホテルや旅館など充電器がある場所であれば一緒にお出かけもできそうですね。

旅行の時はどうする?

旅行に行く際、ラボットを持っていかないけどどうしよう…ってことありますよね。

ラボットには見守り機能というのがついています。

頭の上にあるセンサーで常に監視をしている状態で、そのデータをスマートフォンに送ってくれます。

万が一空き巣などが侵入しても、常に写真や動画を取ってくれるので、安心して旅行に行けますね。

外出の際の不安もラボットが解消してくれるのはうれしいですね。

 

 いらなくなったら捨てるの?

もしもラボットと暮らしていて、もういいかな…って思ってしまう時ありますよね。

処分するにはどうしたらいいのでしょう。

処分時にはラボットの公式HPからメーカーにお問い合わせをしてください。

そのまま廃棄することはできません。

処分時にはラボットの中にある個人データをすべて消去し、ラボットコンシェルジュに連絡しましょう。

データを消去しないと、第三者に見られてしまう恐れがあります。

リサイクルについても同様にラボットのメーカーに問い合わせましょう。

\今なら8日間の全額返金保証中!/

>>今すぐラボットを家に呼ぶ!

まとめ

ペットロボット、ラボットについていかがでしたか?

ラボットは月額料金がプランによって変わりますね。

月額料金の維持費は結構高いですが、その分サポートはしっかりしています。

維持費の中に年に1回の定期検診が含まれていますので、特に壊れやすい環境じゃないな、という人は月額料金のプランは安いのでもいいかもしれませんね。

ただ何があるかわかりませんので、自分のライフスタイルに合わせてプランは決めましょう。

ラボットのお世話はお着替えや日々一緒に過ごすことが多いです。

ペットロボットとして癒すために開発されましたので、癒しがほしい人にはうってつけのロボットです。

気になる方はこちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

\今なら8日間の全額返金保証中!/

>>今すぐラボットに癒される!